スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオンの翼 特別編 少女たちの四季



それは、出会いの季節

そして、始まりの季節

セントマリアーヌ学園に、新たな新入生が入学してくる。

セントマリアーヌ学園正門付近

桜並木が綺麗な道をルンルンと、機嫌よく歩く一人の女の子。
銀髪の長さは腰まであり、癖毛とも言える、ウサギの横に垂れた耳のような二つの髪。くるりとしたブルーの粒羅な瞳で、男子の視線を独り占めにするほど、揺れる大きな胸を持つ可愛い女の子。
「炬兎~。」
彼女の名前は、因幡炬兎。
あっ!とした表情を浮かべて正門へ走る炬兎。
そこには、彼女の友人が二人。一人目は…
炬兎「おはよう♪紗綾ちゃん。」
紗綾「おはよう。」
上から下までお嬢様の雰囲気を漂わせる、金髪のボブで、瞳はルビーのような赤い目の女の子。
彼女の名前は、猫柳紗綾。
炬兎「おはよう♪風弧ちゃん。」
二人目は、真面目な委員長タイプの赤縁眼鏡のショートの青髪で、瞳は茶色の女の子。彼女の名前は、御風風弧。
風弧「おはよう炬兎、さ、早く行こう。もうすぐ入学式が始まるし。」
炬兎「うん!」

体育館

理事長「えー、本校におきましては…。」
静かに理事長の話を聞く新入生たち。しかし、話がつまらないのか鏡を見て身だしなみを気にする紗綾、学園のパンフレットをゆっくり読み出す風弧、眠気を必死に堪えながらも時たま船を漕ぐ炬兎。
だが、ついに寝てしまった炬兎。見かねた隣に座る、さらさらの緑色の綺麗なストレートボブで、頭には大きな白いリボン。瞳は大きな紫色で小柄な女の子は、小声で炬兎を起こす。
?「もし…、もしも…。」
彼女の名前は、小鳥遊まひる。そして、炬兎の耳元で呟いた。
まひる「あの、先生来ますよ。」
その一言でぱっと目を覚まして、慌てて起きようとした炬兎だが…
炬兎「あれ…?あ、あ、ああああああああ!?」
まひる「あ…。」

ガッシャャー…ン

足が絡まり、椅子ごと後ろに倒れてしまった。

リゴーンリゴーン

教室

入学前に、クラス分けを既にされていた。三人は同じクラスだった。
炬兎「あたた…。」
風弧「やると思った。」
紗綾「さすが、おてんば兎。」
炬兎を囲むように、椅子に座りながらしゃべる三人の元に、まひるがやってきた。
まひる「あの、さっき隣に座っていた人ですよね?」
炬兎「あ!あなたはさっきの…、同じクラスだったんだ!」
まひる「はい、あの大丈夫ですか?」
炬兎「あ、うん♪平気平気。」
紗綾「大丈夫よ、頑丈だから。」
炬兎「も~紗綾ちゃんはぁ。…あの、名前聞いてもいいかなぁ?」
まひる「小鳥遊まひる。」
炬兎「私、因幡炬兎♪こっちの金髪の女の子が猫柳紗綾ちゃん。青髪の女の子が御風風弧ちゃん。よろしくね…えっと…。」
まひるは、にこりと微笑み手を差し出しながら
まひる「まひるでいいですよ。」
炬兎は、目を輝かせながらまひるの手を握った。
炬兎「うん!よろしくね、まひるちゃん♪」

続きを読む »

スポンサーサイト

お詫び

迎春を迎えてまずは一言

明けましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします



申し訳ありません
誠に勝手ながら
「珍★出動劇?~俺ら悪党トリオ~」の編集を打ち切らせていただきます

えっと…簡単に言いますと…忙しくて話を忘れました
はい…

いずれ出来たらします。
っと言うことで
アイルの小説に取り掛かりたいと思います
お楽しみに

オリオンの翼 番外編「いつの日にか王子様が…」後編

送り迎え用の車で学校に向かう二階堂、窓からの風景は変わらない毎日。
はぁとため息をついて、到着を待つ。
運転手「坊っちゃん、何か曲かラジオを流しましょうか?」
二階堂「いい。」
その一言で車内は、静寂になる。10分ほどするとセントマリアーヌ学園が見えてきた。
運転手「まもなく、到着でございます。」
学校に到着するも、いつもなら退屈でつまらないという一言だが、今日の彼は違う。
運転手「行ってらっしゃいませ。」
二階堂「あぁ、行ってくる。」
運転手を見て、にこりと優しく微笑んだ。その笑顔に運転手は驚いたのか、あっけらかんな表情で立ち尽くしていた。
運転手「坊っちゃんが…、笑った。」
正門を抜けて真っ直ぐ歩いていると、後ろから落ち着いた挨拶をしてくる苺がやって来た。
苺「おはようございます、二階堂くん。」
二階堂「おはよう、豊中さん。」
苺は、足を止めると二階堂の方を振り向き腰にてをあてながら、少し背伸び状態で
苺「二階堂くん。」
二階堂「はい!」
苺「ふふん♪せっかくお友達になれましたんですし、私の事“苺”と呼んでくださいな。」
二階堂「え、あ、の。」
苺「いつまでも、豊中さん豊中さんじゃあ何だか味気ないですわ。」
二階堂「しかし、いきなり呼び捨てとは…………その、あの。」
視線をそらし顔を赤らめて、呼び捨てに困る二階堂。
苺「ふむ………、でしたら私も二階堂君のことを……、えっと、あ、晶とお呼び致しますわ。」
二階堂「……は、はい、苺…さん。」
道の真ん中でなんとも言えないくら、いい雰囲気を漂わす二人。
そこへ
要「おい、お子様。そう言うことは、公衆の場でするんじゃなくて放課後の誰もいない教室でしろ。」
苺「な!?」
東「まあまあ、苺も成長したんだ許してやれ。」
苺「に!?」
要「ま、その内俺らみたいに外で堂々とキスくらいは出来るようにな…ん~。」
東の顎を持ちながら、キスをしようとするが、まさかの展開に驚いて殴る東。
要「じょ、冗談だ…東。」
東「ごほん…、まぁ付き合う付き合わないは本人同士の勝手だから、口は挟まない。だが、なにかあれば力は貸すから遠慮するなよ。じゃあな、ほら行くよ要!」
要「はいはい、っておい!待ってよ!」
東を追いかける要、追い付くとすぐさま東の手を握る。
幸せそうに手を繋ぐ二人をじっと見つめる二階堂。
苺「まったく…、イチャイチャするなら他でやれ。」
遠くにいる二人に文句を言う苺を見て、二階堂は後ろからそっと手を伸ばし手を握ろうとする。
昨日は、突発的に握ったから握った記憶が曖昧で、むしろ覚えていない。
鼓動が高まる中、そっと手を伸ばす。すると、苺は振り返ると同時に手を引く。
苺「申し訳ありません……その、晶。」
二階堂「い、いえ、仲がいいんですね二人とも。羨ましいです。」
苺「ふふ、確かに馬鹿が付くくらいにね。」
二階堂「あの……苺、さん。」
苺「ん?なに?」
二階堂「今日の放課後、空いてますか?」
苺「勿論!」
二階堂「じゃあ、放課後高等部の音楽室で待ってます。」
苺は、笑顔で返事を返す。

その光景を遠くから、怪しい影が二人をじっと見つめていた。

続きを読む »

オリオンの翼 番外編「いつの日にか王子様が…」前編

そうして白雪姫は
白馬の王子様と
暮らしましたとさ……

苺「はぁ…。」

私、豊中 苺。

只今の悩んでいます。

なぜかと言えば…

最近、どっかのバカ二人がくっつきましたから…
苺「はぁ…。」

とは言うものの、何時までも二人に八つ当たっていられないし、花の10代の内に恋人ほしいし…

こんな私に白馬に乗ったみたいな王子様が現れないかしら。

一人悶々と、恋について悩む苺。グラウンドのベンチでくつろぎながら考えていると、休み時間にサッカーをしている男子がシュートを決めようと力一杯蹴ったが、外し真っ直ぐ苺に向かう。
「やべ!危ない!」
苺は、声に気づき立ち上がり蹴り返す構えをしたその瞬間!
「危ない!?」
苺の腕をつかみ、苺を抱き寄せた一人の男子。ボールは、ベンチを通り越し後ろの中庭の噴水に飛び込んだ。
苺は、一瞬何が起きたか分からず驚いて上をゆっくりと見上げれば……
スカイブルーの瞳に、白い肌、ショートの美しい黒髪、背は180はある。
顔に似合わず少しスポーツ体型。
「大丈夫?女の子なんだから、無理はダメだよ。」
声は何処か甘く優しい。
苺「え、えぇ。」
「豊中さん!大丈夫ですか?あれ?二階堂。」
二階堂「やぁ。」
「豊中さん、すみませんでした!。」
苺「平気ですわ。」
二階堂「では、僕はこれで…豊中さん。」
苺は、立ち去るその男子をずっと見ていた。
苺「二階堂……くん。」

続きを読む »

オリオンの翼 番外編「プログラムNo.5:ピーターパン」

セントマリアーヌ学園

学芸会


要「さすが大学院…、見に来る客も別格だな。」

なぜ…大学院だけが学芸会すると言うと、本編でクライシスに学芸会を台無しにされて東、苺のクラスが舞台整備のためかなり長引いたからだ。苺は、その為に暫く不機嫌きわまりない…。
八つ当たりされている身になってみろ、面倒臭い…。
要「これだからお子さまってやつは…。」


楽屋


苺「ぶぇっくちょん!?」
東「大丈夫か?随分、大雑把なくしゃみだったが?」
鼻を拭きながら、東と話す。
苺「平気ですわ、どうせどっかの馬鹿!が私の噂でもしていたんでしょ?」


要「ぶしゅん!?…ん?」


東「まぁともあれ、やっと舞台の整備が終わって大学院の学芸会が終わるんだ。楽しもう。」
苺は、東をじっと見て上から下までじっと見る。
東「な、なんだよ?」
苺「東は、いいじゃありませんか。フック船長なんですから…、比べて私はワニ!何故にワニ!?こんな役は、花形がする役ではございませんわぁぁ!!!!」
東「知るか。」

ナレーション『まもなく大学院による劇“ピーターパン”です。』

続きを読む »

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ukimo

ukimo

ここはUkimoの気まぐれ
名前の通りに気まぐれに日記を書いたり小説を更新などをしている
※)リンクはフリーですがリンクされる時は一言声を掛けてください。

出身:大阪
性別:女(20代です)
好きなartist:GLAY、嵐
趣味:イラストを描く事、本(おもに漫画)を読む、音楽を聴くなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。