スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GRET VACATION GLAYARENA TOUR 11月26日

大阪城ホール最終日

くい残らないよう
楽しみます!

今日は、つなぎです!
赤ベルトに白のコンバース

ルンルン

でも、城ホールに着いたら着いたで時間あり外でのんびりしていました。
さ、入りますかね(笑)

席はBブロックの一番後ろ!双眼鏡持ってきたのでバッチリ


↓↓↓↓↓18時半↓↓↓↓↓↓

続きを読む »

スポンサーサイト

THE GRET VACATION GLAYARENA TOUR 11月25日

※写真は後々更新するよ

本日、初日参加しました!
行きしなにはお友達に遭遇嬉や嬉や

二日目のチケを探すためフラフラと譲りますを探すが…
みんな「譲ってください」ばかり
なかなかいないと諦めていたら…
譲ります!の方がイタァァァ
定価で譲ってくれると言うことで譲っていただきこれで安心して、26日行けます(泣)
譲ってくれた方には感謝感謝です

↓↓↓↓↓↓18時半↓↓↓↓↓↓

ネタバレになります
※ネタバレがな方は、続きを押さないでそのままスルーしてください。
ネタバレな方は、そのまま押してください。

続きを読む »

いよいよ

20091124120645
いよいよ明日!

GLAYのライブ

やばすなぁやばすなぁ参戦用の服は決まってます
初日は、買ったやつで
チケットが買えたら二日目はつなぎで行きます
はぁ
待ち遠しい

オリオンの翼 かくれんぼ

ベッドの下で息を潜める東。
いつ、クライシスが来てもおかしくない状況。
東はイヤリングで、要か苺を呼び出す。
東「(東奥、苺どちらか聞こえないか?)」
すると
要『こちら東奥、どうした?』
東「(今、父と会えた。そして、そのテントにクライシスが来るらしい。)」

要『マジかよ!』
東「(私は、無線をこのままにしておく。どちらかでこの無線から聞こえてくる会話を録音して欲しい。)」
要『わかった、やってみる。』
東「(助かる。)」
無線でのやりとりが終わったと同時に、テントに誰かが入ってきた。足元だけでもかなり格の上の人物と取れる。
東「(誰だ?)」
冬馬「お待ちしておりました、クライシス大統領。さぁ、そちらに。」
東は、その名前を聞くと手を口に当て息を潜める。
ギシっと言う音がして、クライシスがベッドに座ったのが確認できる。
クライシス「設計図は?」
冬馬「こちらです。」
クライシスは、設計図をじっくりと見る。
クライシス「素晴らしい、さすが五十嵐さん。これほど完璧な設計図が出来るとは…完成が楽しみだ。」
冬馬「大統領、一つ質問があります。」
クライシス「なんですか?」
冬馬は、一度間を置いて話す。
冬馬「…この神の祭壇を完成させて、あなたは一体何をなさるおつもりですか?」
クライシス「どうしたのです?急に。」
冬馬「いえ、ふと思いまして。」
クライシス「そうですね…、祭壇には神を呼び起こし呼び起こした人物の願いを叶えてくれる。私は、神を呼び起こし神を殺め神になる。そして、世界を我がものにする。」
冬馬「そんな、非論理的な考えです!神を呼び起こすなど!」
クライシス「非論理的ではない、実際に古代の人々は神を呼び神と戦った。戦いに行けるのは選ばれし神官者のみ、私はその神官者になり、神を殺める。」
東「(神の祭壇には、そんな意味があったのか。)」
東は、以前要が言っていた『姉さんは、誰かに会う』と言う事を言っていたのを思い出した。
東「(でも、もしこの事に縁さんが気付きクライシスを止めようと戦って亡くなったとしたらそれは、納得できる。クライシスがやろうとしてることは神々に反すること…。でもクライシスは、神の祭壇の事何処で知ったんだ?あれは、東奥夫妻が見つけた筈だ。なのにどうして…?)」

続きを読む »

雑談

こんにちわ

今、バイト休憩中を利用して更新中…

腹へったぁ

そうそう、投票結果の記事はごらんになりましたか?皆様

苺のイラスト更新しましたよよかったらご覧になってくださいな
よかったら、コメントもしくは拍手など頂けたら嬉しいです
他にも要や東も完成次第、更新します

さてさて、いよいよはじまるGLAYアリーナツアーukimoは、楽しみでしかたないです
早く会いたいなぁ
そのためには、GLAYソングを復習しなくてわ

話題は代わり、今週日曜日にお友達と美容院に行きますうちは付き添いで行きますが、そこの美容院にはGLAYファンのお兄さんがいるのでまた盛り上がります
すでに、メル友ですが(笑)

小説なんですが
もう少ししたら、更新致します。もう、半分くらい出来上がっていますので出来上がったら更新します今、ノリに乗っていますのでね

では、雑談はこの辺でまたねぇ

オリオンの翼 月が輝く夜に

苺「これを…。」
出したのはあの古新聞。
要はそれを手に取ると
要「『謎の巨大建造物出現!?』?なんだよこれ。」
東「神の祭壇だよ。」
要「え?これが!」
苺「しかも、柱の一部とか。」
要「でも、なんで急にこんなもの見せるんだ?」

東「今日、北の丘に行ったんだ。」
銀「あの、荒れ地の北の丘にかい?」
東は、銀を見て頷くと
東「どうやら、クライシスはあそこに何かを建てようとしている。」
要「何を?」
苺「軍が警備していたり、建築を手伝ったりとおかしな話…何かありますわ。」
東「それに、あの人も絡んでるんだ…。」
要「あの人?誰だよ。」
苺「それは…。」
苺は、東を見るが東はじっと黙り込んでいた。
要「なんだよ!」
東「…私の父だ。」
要「五十嵐の父ちゃん?なんで?」
苺は大きくため息を吐き
苺「東のお父様は、国が一目を置く一級建築家!五十嵐 冬馬。ニュースとかで聞いた事なくて?」
要「五十嵐…冬馬?あぁぁぁあ!?あの五十嵐!冬馬の娘!マジカヨ!」

苺「そのお父様が突然、クライシスの計画に参加している事自体が怪しいから…。」
東「今夜、北の丘を調べようと考えている。」
少し戸惑った表情をしている。それを見た要は
要「しゃあーねぇなぁ。手伝ってやるよ!」
東「私はまだ、なにも…。」
要「言わなくても、表情がそう言ってるぜ。無理すんな!困った時はお互い様だろ?」
東は、そんな要が可笑しくてクヨクヨ悩んでいた自分がバカみたいで
東「そうだな!悩んでいてもしょうがない、北の丘徹底的に調べてやる!」
苺「そうと決まれば、行きますわよ!」
要「お前が仕切んない!チビ!?」
苺「東奥!!」

続きを読む »

オリオンの翼 過去からのメッセージ

プルル…プルル…

東「出ない。」
苺「何をしているんでしょ?」
東「…銀さんの所に行こう。」
電話を切り、シガーに向かう二人。

銀アジト

銀「まだ、かかっているのか。」
未だ、マザーの手の中で眠る要。

オリオン「そいつの名は“ホワイトウィッグ”。」
要「白い翼??なんで、白い翼なんだ?」
オリオン「そいつは、まだ教えられない。」
要「何でだよ!」
オリオン「その意味を知るにはまだ、早いからだ。さぁ、そろそろ起きる時間だせ相棒。」
オリオンは、手のひらを要の前にかざす
要「ま、待てよ!オリオン!」
オリオン「またな相棒。そうだ、縁が残したチップ大事にしろよ。」
要「え?」
白い暖かい光に包まれながら要は、目覚めていく。
要「オリオン!」

『要。』

要「ん…んん。」
目を覚ますと、夢の世界から元の世界に戻っていた。
要「ま、マザー。」

『目を覚ましたと言う事は、オリオンとは会話出来たようですね。』

要「はい、ありがとうございますマザー。」
変身を解き、銀の横に舞い降りた。
銀「要殿!」
要「やぁ、銀さん。」
銀「だ、だ、大丈夫かい?」
要「大丈夫です。」
にこりと銀に笑いかけた。そして、それがわかった銀は要にあのノートパソコンを渡す。
銀「はい、要殿。要殿がオリオンと会話している間にチップのデータすべて読み取れましたよ。」

要「ありがとうございます、あのエルエルさんとリッキーさんは?」
エルエル「呼びましたか?」
要「うおっ!びっくりしたぁ…。」
リッキー「全く、最近は物騒ですねぇ。」
銀「ご苦労様、傷後で修理するね。」
要「修理?治療じゃなくて?」
銀「あれ?言ってなかった?リッキーとエルエルは、アンドロイドだよ。僕が作った。」
要「アンドロイド??って?」
銀「人造人間。」
要「は?はぁぁぁぁ?!」

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-11 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ukimo

ukimo

ここはUkimoの気まぐれ
名前の通りに気まぐれに日記を書いたり小説を更新などをしている
※)リンクはフリーですがリンクされる時は一言声を掛けてください。

出身:大阪
性別:女(20代です)
好きなartist:GLAY、嵐
趣味:イラストを描く事、本(おもに漫画)を読む、音楽を聴くなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。