スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオンの翼 哀しみの戦場に終わりを告げる天使の唄

戦場に風のごとく舞い戻った要。
苺「………あ、あ。」
東「要……。」
要「わりぃな、居眠りしていて。」
振り向かずに二人に謝る要、苺は何のまいぶれもなく武器のスプーンを要に投げつける。
要「痛って!何しやがる!」
苺「怒りたいのは、こちらの方ですわ!?こんな大事な時に、居眠りですって!ふざけるんじゃありませんよ!?………こちらがどれ程…。」
仮面で見えないが、苺は泣いている。
東「苺…。」
要は苺に近寄り、肩に手を置く。
要「心配かけて悪かったな苺。」
苺「私に謝るんでしたら、まず!東に謝りなさい…。あなたを命懸けで守ったんですから。」
要はそう言われると東に近寄り、抱き締める。
東「……!」
唐突の事に驚きを隠せない東、だが要の抱き締める力はぐっと強くなった。
要「ごめん東……、心配かけて。」
東「……要。」
要「今度は、俺が守るからここで苺と居てくれ。」
要は東から離れて、二人を見る。
要「苺、東今から二人の力をインストールさせてくれ。」
二人「え?」

縁『最後にオリオンに隠された能力はね、他の仲間の力をインストール出来るのよ。』
要『インストール?』
縁『つまり、融合ね。』
要『融合!そんな力があったなんて…俺知らなかった。』
新たに知ったオリオンの能力、使いこなせるか不安な要、それを感じ取った縁は要ににこりと微笑みながら、消える間際に要に言う。
縁『大丈夫、要なら使いこなせるよ。』


…ありがとう最後の最後まで俺を信じてくれて

姉さん…もう俺は

要「阿修羅!プリンディングキラーをインストール!?」

大丈夫だ…

縁『要…後は頼んだよ。』

あぁ…任せろ




続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2010-09 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ukimo

ukimo

ここはUkimoの気まぐれ
名前の通りに気まぐれに日記を書いたり小説を更新などをしている
※)リンクはフリーですがリンクされる時は一言声を掛けてください。

出身:大阪
性別:女(20代です)
好きなartist:GLAY、嵐
趣味:イラストを描く事、本(おもに漫画)を読む、音楽を聴くなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。