スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオンの翼 特別編 少女たちの四季



それは、出会いの季節

そして、始まりの季節

セントマリアーヌ学園に、新たな新入生が入学してくる。

セントマリアーヌ学園正門付近

桜並木が綺麗な道をルンルンと、機嫌よく歩く一人の女の子。
銀髪の長さは腰まであり、癖毛とも言える、ウサギの横に垂れた耳のような二つの髪。くるりとしたブルーの粒羅な瞳で、男子の視線を独り占めにするほど、揺れる大きな胸を持つ可愛い女の子。
「炬兎~。」
彼女の名前は、因幡炬兎。
あっ!とした表情を浮かべて正門へ走る炬兎。
そこには、彼女の友人が二人。一人目は…
炬兎「おはよう♪紗綾ちゃん。」
紗綾「おはよう。」
上から下までお嬢様の雰囲気を漂わせる、金髪のボブで、瞳はルビーのような赤い目の女の子。
彼女の名前は、猫柳紗綾。
炬兎「おはよう♪風弧ちゃん。」
二人目は、真面目な委員長タイプの赤縁眼鏡のショートの青髪で、瞳は茶色の女の子。彼女の名前は、御風風弧。
風弧「おはよう炬兎、さ、早く行こう。もうすぐ入学式が始まるし。」
炬兎「うん!」

体育館

理事長「えー、本校におきましては…。」
静かに理事長の話を聞く新入生たち。しかし、話がつまらないのか鏡を見て身だしなみを気にする紗綾、学園のパンフレットをゆっくり読み出す風弧、眠気を必死に堪えながらも時たま船を漕ぐ炬兎。
だが、ついに寝てしまった炬兎。見かねた隣に座る、さらさらの緑色の綺麗なストレートボブで、頭には大きな白いリボン。瞳は大きな紫色で小柄な女の子は、小声で炬兎を起こす。
?「もし…、もしも…。」
彼女の名前は、小鳥遊まひる。そして、炬兎の耳元で呟いた。
まひる「あの、先生来ますよ。」
その一言でぱっと目を覚まして、慌てて起きようとした炬兎だが…
炬兎「あれ…?あ、あ、ああああああああ!?」
まひる「あ…。」

ガッシャャー…ン

足が絡まり、椅子ごと後ろに倒れてしまった。

リゴーンリゴーン

教室

入学前に、クラス分けを既にされていた。三人は同じクラスだった。
炬兎「あたた…。」
風弧「やると思った。」
紗綾「さすが、おてんば兎。」
炬兎を囲むように、椅子に座りながらしゃべる三人の元に、まひるがやってきた。
まひる「あの、さっき隣に座っていた人ですよね?」
炬兎「あ!あなたはさっきの…、同じクラスだったんだ!」
まひる「はい、あの大丈夫ですか?」
炬兎「あ、うん♪平気平気。」
紗綾「大丈夫よ、頑丈だから。」
炬兎「も~紗綾ちゃんはぁ。…あの、名前聞いてもいいかなぁ?」
まひる「小鳥遊まひる。」
炬兎「私、因幡炬兎♪こっちの金髪の女の子が猫柳紗綾ちゃん。青髪の女の子が御風風弧ちゃん。よろしくね…えっと…。」
まひるは、にこりと微笑み手を差し出しながら
まひる「まひるでいいですよ。」
炬兎は、目を輝かせながらまひるの手を握った。
炬兎「うん!よろしくね、まひるちゃん♪」

続きを読む »

スポンサーサイト

ayle-アイル- #0 アイル達の世界の紹介

第一話を読んでもらって
感謝いたします

ここでこれから
アイルを読む方たちに
アイルの簡単な舞台背景を
ご紹介いたします

まずは

●クラックタウン
これはアイル達の住む街で
大きなビルが立ち並ぶ街。
まぁNYの街をイメージして
もらえば簡単だ。
一番から百番まである。
1に近ければ近いほど都心であり
100に行けば田舎になる。
だが、40~60は危険区として
今も厳重警備中だ。

●黒の部隊
アイル達専用特殊部隊。
ただ学歴が良くて、優秀な部隊に入っていたではなかなか入れない。
どう選抜されるかは謎に包まれている。
この部隊は、国の警察では対処できない難事件を処理するのだ。だが、国事態から処理した手柄を横取りされることも多々ある…。

●森の家 44番地
危険区にある唯一の喉かで緑ある施設。
精神患者など色々な患者が
入っている施設だ。

●いつものbar
アイル達のたまり場だ。
jazzやクラシックが生演奏が流れている。日によっては、レコードしか流さない日もある。
barの名前は「w,G,A」

●クラシック警察署
アイル達の職場。
上は36階から下は地下2階まで
その1階フロアの一部が青少年課だ。
本来は上の階だが、青少年課ということで1階に行かされたのだ。


以上が簡単な舞台背景です。

久し振りに




書いてみましたさヽ( ̄▽ ̄)ノ

つーよりも
リンク見ていただきましたか?
増えました( ^∀^)
るーつプロジェクト

このサークルで原画の
担当をさせていただいています

キャラクター担当は
燈夜、和弥、姫菜の三人を
担当です
サイトではCGで掲載されています

よかったらサイトへ
足をお運びになってご覧ください

ayle-アイル- #1

街は彩られて、輝くネオンが今日も街を眠らせなかった。

でも、そんな光輝く街にも影はある。

セレブ達が知らない華やかな表舞台の裏では、舞台裏を荒らす輩もいる。

強盗、窃盗、恐喝、殺人、自殺、売春、闇オークション、麻薬などが当たり前に行われるこんな世界を止めるのは、本来は国家警備部隊の仕事だが…最近は衰えたり衰えなかったりと区々だ。

そんな腐れた部隊に変わって総合に取り締まるのが『黒部隊』。別名“悪魔課”と呼ばれている。
この黒部隊は、選ばれた能力や技力の人物じゃないと入れない。


だが…この部隊…

見た目は普通の
青少年取締役にしか見えないのが笑えるんだよ。

ダン!

取締の机を力一杯に叩いた厳つい親父刑事、眉間にシワを寄せて、だらけた態度で取締を受ける化粧の濃い少女。

「人の話を聞いてるのかぁ?」

「は~い、聞いてまーす。」

「だったら、答えんか!?」
「あー、うるさいぃー。」
そんな取締も進まない中、一人の刑事が部屋に入ってきた。
「どうだ?」
はぁとため息をはきながら、首を横に降りお手上げ状態と見てとれる。席を立ち、交代。
「じゃ、私に交代させたことを後悔してもらおうか。」
煙草をくわえたままニヤリと、少女に微笑む紫のショートヘアーの赤目の女。少女の前に座り足を組む。ドアノブに手を掛けながら振り向き様に、女に言った。
「おい、アイルさんよ。」
アイル「ああん?」
「殺さんでくれよ、大事な若者を。」
アイルは、ふっと笑うと少女に指差して
アイル「こいつ次第だな。」

#1「べティー・べティー」

続きを読む »

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-07 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ukimo

ukimo

ここはUkimoの気まぐれ
名前の通りに気まぐれに日記を書いたり小説を更新などをしている
※)リンクはフリーですがリンクされる時は一言声を掛けてください。

出身:大阪
性別:女(20代です)
好きなartist:GLAY、嵐
趣味:イラストを描く事、本(おもに漫画)を読む、音楽を聴くなど

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。